ホーム > 就職課 > 就職データ

桜坂を登り、羽ばたいていった卒業生達

実績

   

地域連携ネットワークで地元就職に強さを発揮

 本学は、設立以来、工学部においては、技術立国であるわが国の産業を支えてきた優秀なエンジニアたちを社会に送り続けてきました。こうした長年の実績により培われてきた企業との太いパイプにより、情報文化学部設立後においても、さらなる地域産業の発展に貢献できる人材を輩出し、高い就職率を維持しています。 求人倍率も、工学部28.7倍、情報文化学部21.8倍という求人数を誇っています。それはそのまま本学出身者たちの社会における高い評価を表していると言えます。

平成30年度就職状況
就職状況

   

就職状況

   ※その他には、留学生の帰国等を含む

平成30年度 留学生の進路状況
就職状況

 

TOP

最新システムと丁寧な個別指導で就職活動を万全バックアップ

 きめ細かい進路支援も、本学の自慢です。 適性検査やキャリア・カウンセリング、コンピュータによる情報検索など、4年間を通じて系統的な就職ガイダンス等を実施します。就職課、教員の連携のもとに一人ひとりに対する進路支援体制をとっています。
 そして、進路支援を通し社会観・職業観の醸成に努め、フリーター・ニート0名を目指しています。

地区別

平成31年3月卒地区別就職状況

グラフ1

充実したトリプルサポート

 コンピュータによる情報検索、ベテランの担当者による学生個々への キャリア・カウンセリング等を展開しています。進路支援は卒業研究・ゼミ担当の教員が中心となり、教員と 就職課とで構成する学内就職委員会のもとに綿密に計画・実施されます。二重三重の進路支援体制により、 ほとんどの学生が希望企業の内定を獲得しています。志望の定まらない学生についても、一人ひとりに合わせた 個別の進路サポート体制を整えています。

正課授業に組み入れられたキャリア支援

 本学では入学直後から4年間の系統的な就職支援を行っています。 全学部で「社会人基礎力」(経済産業省提唱)を育成するため、教育課程の中で「キャリアデザイン」を開講し、 単位認定しています。内容は「自己分析法・自己PR実践・職種研究・情報収集活用法・採用試験対策・ グループワーク・エントリーシート添削・文章表現・会話法・面接対策」等です。 個々の学生にきめ細かく進路サポートを実施します。


>> キャリアデザインについて

TOP

※桜坂とは … 本学院には、中野キャンパス及び上瀬野キャンパスがあり、それぞれ広島市の郊外に位置しています。 自然を背景にした好環境であり、まるで青空を目指してたどりつくような登学路が特徴です。 中でも、大学が設置されている中野キャンパスでは入口から最上段まで桜が道沿いに植えてあり、4月には満開で学生を迎えます。